行ってきました〜「大峰山上参り」

0

    7月22日(月) 本店のある餅飯殿財団山上講が主催する事業「大峰山上参り」に

    行って参りました。 私自身、小学校以来のお参りで、実に48年ぶりのチャレンジ

    となりました。 商店街の会員さんはじめ関係者18名参加し、15名が登頂を目指し

    ました。

     ここは、登山口の山門で、ここから女人禁制エリアに入っていきま〜す。

     

     

    出発時点では、あいにくの悪天候で心配だったのですが、途中より雨も上がり

    気持ちよく登ることができました。・・・‥というのは、やせ我慢でして、実は

    大変厳しい傾斜のため、早々に息切れはするわ、話しかけられても返事は出来ない

    し、体力の無さに愕然としながら、黙々と登り続けました。

     

     

     ここだけの笑顔。 余裕なんか全くありません。

     目指すは、山上ヶ岳(1719m)山頂あるのみ。 

     

       

      

     ここは、ほぼ頂上近くの行場で、「西の覗(のぞき)」として有名なところです。

    この崖の向こう側で、ロープに体を固定し、絶壁に突き出されるという荒行です。

    そして「親孝行をするか?」とか「先祖様を大切にするか?」等々の問答をしながら

    体は更に絶壁の前の方に差し出される状態。(もちろん下にセーフティーネットなど

    あるはずもない) 21世紀になっても、未だにこんなことが行なわれているんだと、

    感心させられます。 そしてはるか数百メートル??下の祠に手を合わせて、引っ張

    り上げられるという流れ。 目の前で見ていると本当にハラハラドキドキします。

     

     

     「西の覗」より下の方からの眺めですが、このアングル。  早朝なら雲海が

    広がる天空の世界です。(子供時代にここから観た日の出は、強烈な印象として

    脳裏に焼き付いています)

    ようやく山頂の大峰山寺に到着。標高1719m。 このお寺は、役小角を開祖とする

    修験道の寺院で、餅飯殿山上講として護摩法要を挙げていただきました。

    皆無事に登頂、達成感のある笑顔がいいですね!

     

        

     

     ・・・と、思いきや、私の登山靴にトラブル発生。 長年履いていなかったため、

    ソール部分が外れてしまい、歩行不能の絶体絶命のピンチ!(登山ではよくある事

    らしい)

     幸い、登山仲間が予備で持ってきていた地下足袋を借りることができ、一安心。

     

     

     地下足袋履いて、いよいよ下山。 これがなかなかきついのですわ〜。

    でも大峰山の大自然。 深い樹木の緑、風、鳥の鳴き声、せせらぎの音等々を満喫しながら、

    気持ちよく下山できたように思います。

     

      

     

      全員無事下山。 一日のお参りではありましたが、五感と全身を使っての登山に、充実した

    時を過ごすことができました。 

    この年齢で体験したことを伝え、また仲間を誘って、大峰山上参りに参加したいと妄想しながら

    帰路につきました。 (直会のビールは、最高にうまかった!!)

    さつま揚げの通販・お取り寄せは魚万

    さつま揚げ人気.club


    コメント
    コメントする








       

    最近の記事

    カテゴリー

    過去の投稿

    コメント

    • アイス揚げ天???
      omachi
    • あべのハルカスに催事出店!!
      枚方 吉本
    • かまぼこ&おせち商品、好評受付中です☆
      omachi
    • 敬老ギフトの受付が始まりました。
      大町阿礼
    • ※終了 【急募】事務スタッフ募集のお知らせ
      出原佳代

    リンク

    ブログ内検索

    モバイル

    qrcode

    その他


    トップに戻る