こだわりの素材を求めて!

0

     皆さん、下記のような楼閣を見たことはありますか?

    これは、奈良盆地の中央に位置する弥生時代(今から2600年前)の環濠集落跡地にある

    復元楼閣(高さ12.5m)です。現在は、唐古・鍵遺跡史跡公園として整備されています。

    遺跡面積は、甲子園球場約10個分もあり、近畿地方最大級の集落で、およそ900人が

    住んでいたと推定されています。

     

     

     その唐古遺跡の近くで、こだわりの農作物を作っておられる「堤農園」さんを

    訪れてきました。 代表の堤さんは、「無農薬野菜」にこだわり、土地改良し、

    納得した品種しか作らない、まぎれもない「変わり種(笑)」です。

    そんな作り手だからこそ、弊社の求める素材と出会えるのではないかと、

    この度は「サラダごぼう」の収穫にお邪魔しました。


     

     うねの下部は、湿った粘土層でありながら、ごぼうの育つ部分は乾いたフカフカな

    土。この環境だからこそ、白くて、パリッとしまりある、そしてほのかな甘み・・・

    お見事な出来栄えに感心しっぱなし。

     (左:堤代表、中央:魚谷、右:初登場の専務)


     

     この土地改良された土地で、「サラダごぼう」以外の農作物も育てていくそうです。

    そんなこだわりの素材と、弊社の練り製品とのマッチングが、今から楽しみです。

    あの時のあの素材が、こんな形で→→→皆さんに感動していただけるような商品開発

    を目指していきたいと、ワクワクしながら帰路につきました。

     

    さつま揚げの通販・お取り寄せは魚万

    さつま揚げ人気.club


    コメント
    コメントする








       

    最近の記事

    カテゴリー

    過去の投稿

    コメント

    • アイス揚げ天???
      omachi
    • あべのハルカスに催事出店!!
      枚方 吉本
    • かまぼこ&おせち商品、好評受付中です☆
      omachi
    • 敬老ギフトの受付が始まりました。
      大町阿礼
    • ※終了 【急募】事務スタッフ募集のお知らせ
      出原佳代

    リンク

    ブログ内検索

    モバイル

    qrcode

    その他


    トップに戻る